空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

【こんにゃく】店長が教える、こんにゃくの知識。

よくよく考えてみるとナゾの物体、こんにゃくについて。

こんにゃくの原料と製造方法

ナゾですよね、こんにゃくって。
見た目からでは何から出来てるか見当もつきません。

実はこんにゃくは「こんにゃく芋」からできているんです!



。。。



いや、こんにゃく芋ってなんやねん^^;




ナゾがナゾを呼びますね。
これ↓がこんにゃくの花で、地面の下に埋まってる球茎の部分が「こんにゃく芋」です。
f:id:sio6269:20181213235824j:plain
球茎って言うとわかりにくいですが、要はジャガイモみたいなもんですね。

こんにゃく自体もサトイモ科の植物なので、芋の仲間なんですね。


このこんにゃく芋を砕いてペースト状にしたものに消石灰(水酸化カルシウム)を混ぜて固めたものが「こんにゃく」です。

生芋こんにゃくとは

スーパーのこんにゃく売り場に行くと、普通のこんにゃくと生芋こんにゃくの2種類があることに気づきます。

まず、先程紹介した作り方で作られたものこそが「生芋こんにゃく」です。
少し茶味がかっているのが特徴。

それに対して普通の白色や黒色のこんにゃくは「こんにゃく粉」という、こんにゃく芋を砕いて水分を抜いた粉を原料にして作られています。

粉からつくると、白いこんにゃくができます。
黒いこんにゃくは、粉末にした海藻を混ぜて着色しているんです。

(ちなみに、関東では白、関西では黒が主流なんだって!)

なんでわざわざ粉にするのかというと、その方が保存や運搬が楽だから。
生の芋のままだと、品質管理が大変なんだそうです。

味は生芋こんにゃくの方が良いとされています。

赤こんにゃくって?

あなたはご存知だろうか。

実は「赤色のこんにゃく」を食べる地域があります。

滋賀県では赤色のこんにゃくが名物です。

家庭でも普通に赤こんにゃくを使うんだそう。

赤色の正体は食品添加物で、原料や使い方は普通のこんにゃくと同じです。

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いって?

結論から言うと呼び方が違うだけで「同じもの」です。
現在ではどちらもこんにゃくペーストを穴型に通して作られます。

昔は、関東ではペースト状の原料を穴に通して作られたものを、白い滝のように見えることから「しらたき」と呼んでいました、

対して、関西では板こんにゃくを糸状にカットしたものを「糸こんにゃく」と呼び、両者には細さに違いがありました。

それが現在では両者とも同じ製法で作られるため、製品としての違いはなくなりましたが、呼び方だけ2つとも残ったんですね。

こんにゃくは「アク抜き」は必要?

一般的には、こんにゃくはアク抜きをしたほうが美味しく食べられると言われています。

原料となるこんにゃく芋や凝固剤には、えぐ味や苦味といった成分が含まれているからです。

特に生芋こんにゃくの方がそういった成分が多く含まれていることが多いです。

ちなみに、アク抜きの手順は

①カットしたこんにゃくを塩で揉んで水分を抜いたあと、水で洗う。

②熱湯で2~3分、白くなるまで茹でてから、冷水でアクを洗い流す。

アク抜きが面倒!という場合は、「アク抜き不要」と書かれた製品も売っているはずなので、そちらを利用しましょう。