空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

ランサーズ 初心者も、あえて効率で仕事を選ぶべき。

f:id:sio6269:20180826230643j:plain
こんにちは。「お塩」です。

先月まで週1でランサーズの活動を業務日報がてらまとめて記事にしてたんですが、
いろいろありまして、また1からアカウントを作ってリスタートしてました。

再開したのが8月の中旬。

この記事、自分のために書いている部分が大きいんですが、
もしか!もしかして!

僕と同じ境遇の新米副業ネットワーカーさんが読んでくれてる可能性も考えて、
そういった方にも役立てるような内容にできたらと思ってます。

***********************************

今回は「仕事の選び方」について、前のアカウントで得た経験をもとに、
僕なりの考え方をお伝えしたいと思います。

僕は現在育児休暇中なのを利用して副業に取り組んでますが、
本業をしながら、という方も多いはず。

そんな方にも役立てるのでは?と思いますので、
是非参考にしてみてください。

実績を積み上げる段階では効率を最重要視する

始めたばかりで実績がなく、さしたるスキルもないので、
「高単価」「おいしい」仕事はなかなか回ってきません。

そこで、単価の低い仕事でも実績をコツコツ積み上げて、
割りのいい仕事への提案を通りやすくする必要があるのですが、
陥りがちなのが「誰でもできるけど安くて時間がかかる仕事」に応募してしまうこと。


僕も前のアカウントでは、それこそ
「なんでもやってまずは実績を積み上げるぞっっっ!!」
ってな具合で、
初心者でもすぐ採用してくれる、
安くて時間のかかる案件をこなしていました。


このやり方、何が問題かというと、僕が思うに2つありまして。

①モチベーションが全く続かない

単純に、例えば、2000文字の記事を書いて400円、なんて仕事は、
内容に関わらず全く面白くないですよ(笑)

2000文字、ちゃんとした記事を書こうと思ったら、
テーマについてリサーチして文章の構成を考えて、、、
ってしてたらあっという間に3時間ぐらいかかりますからね。

時給100円台ですよ(笑)

全くモチベーションが上がらないので、
やっててちょっと辛かったですね。

クライアントさんはとても良い人そうでしたが、
搾取ぶりがすごいなと、後から思いました。

②時間がもったいない

先ほど挙げた記事作成の仕事でも、
1件こなすのにトータル15時間以上かかります。

得られる報酬は2000円で、実績は1です。

他には、文字起こしなら90分の音声で1500円とか。
どんなに早くても文字起こし初心者なら1時間あたり音声15分起こすのがやっとなので、
単純に考えても6時間かかります。
(実際は文章を整えたりすると9時間ぐらいかかりました…)

こんだけ苦労しても実績は1です。

このように、仕事はきちんと選ばないと、
あまりに効率の悪い働きかたになってしまいます。

本業がある方にしてみれば、
疲れているうえにかなり労力と時間を要する仕事になるので、
たぶん続かなくなると思います。

それだけの時間をかけるなら、
むしろもっと短時間で終えれる仕事を探すことに費やした方が
精神的に楽です。


僕はあえて「1つの実績をあげるためにかかる時間」を一番重要視しています。

要は1プロジェクトで5記事の納品が必要、
みたいな仕事はパスってことですね。

2時間前後でできる案件に絞って提案を繰り返してます。

「そんな仕事、初心者が提案したところで採用されないのでは?」
と思う人もいるでしょうが、

「ニッチな分野の記事作成(2000文字前後)」
「締め切りまで時間が少ない文字起こし(30分前後)」
なんかはよく見かけるし応募者が少ないことも結構あるので、
仕事を探す時間を増やすというよりは、
探す頻度を上げる方が効果的です。

そして、自分の基準に見合った仕事がなければ無理に提案はせず、
その分身体を休めたり、読書に時間を回したりしましょうよ。

僕の仕事選びの基準

参考までに、実際いま僕が仕事を探すとなると、
記事作成であれば3000字以下、1記事のみの案件や
文字起こしなら音声30~40分ぐらいの案件など、
3時間前後で仕上げられる仕事を中心に選んでます。

もちろん報酬によって柔軟に考えますが、
基準を持っていると仕事探しに余計な時間を使わずに済みます。

この「仕事探しの時間」が結構ばかにならなくて、
自分の中で基準がないと、平気で1時間とか吹っ飛びます。

僕の場合は上記に加えて5ページ目までで「おっ」と思う仕事がなければ
ブラウザを閉じるというルールも作っているので、
1回の仕事探しに10分とかかりません。

さっきも書きましたが、
1時間あれば読書や家族との時間に使った方が有意義ですからね。

その辺の時間感覚にはシビアでいたいものです。

初心者も、あえて効率で仕事を選ぶべき。のまとめ

何事も、続かなければ意味がありません。

その意味で今回の記事の内容は、やるやらないに関わらず意識してみてほしいと思います。

僕は2週間で6件のプロジェクトをこなして12000円ほどの報酬を頂きましたが、
そのどれもが2時間ちょっとで終わる内容でした。

時給にすると1000円前後。

スキルもない初心者にしては良い方だと思いますし、
なにより負担になっている感覚がありません。

スローペースなのは否めませんが、
この調子なら9月が終わるころには20件ぐらいになるでしょうし、
そのぐらいの実績があれば、
ひとまず対外的には初心者脱却と言えるんじゃないでしょうか。

提案も通りやすくなってくると思いますから、
単価アップも狙いやすくなるかもしれませんね。

と、まぁ。

僕みたいなやり方でも月10件以上のペースで仕事はもらえますし、
自分のペースでできるので継続しやすいですから、
みなさんも参考にしてみてくださいね、というお話でした。

それでは今日はこのへんで。