空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

【ランサーズ】初心者が提案を通すためにまずやるべきこと。

f:id:sio6269:20180727005237j:plain
どうも、ランサーズのズブの素人、お塩です。


これから強くなっていく予定です。


さて、ランサーズ初心者における「あるある」が


プロジェクトへの提案、通らない問題。


恐らく、ここでかなりの割合で生まれたてのランサーが散っていくと思われます。


僕もね、最初は思いましたよ。


「こんな自分が提案とか自信ないっす」
「競合が20人??どうやって勝つの??」
「というかプロジェクトって名前が大層で怖いんですけど」


そんな僕でも、始めて10日ほどで4件当選できたので、
0 → 1 への壁の乗り越え方を経験からお話しようと思います。


身の丈に合ったプロジェクトに応募しているか

そもそも考えてほしいのが、
そのプロジェクト、身の丈に合ってますか??

ということ。


ライティングの仕事を例に挙げると。

「1文字〇〇円以下の仕事は効率が悪すぎるので受けないように~」
みたいな情報がネット上には溢れていますが、
そんな情報を鵜呑みにして実践しててはいつまでたっても仕事を取ってこれません。


文字単価が高いということは、
それなりのクオリティをクライアントが求めているということ。


実績もない、実力もわからない人間にそんな仕事任せたいとは思いません。


もちろん、専門分野に精通している人であれば話は別です。


リアルで銀行に10年勤めていたなど金融に詳しいと客観的にわかりやすい事実があれば、
金融の分野の記事を書いてほしいという案件に対してアピールすれば選ばれる可能性は十分にあります。


そうでないならば、低単価・低難易度でも競争率の低い仕事でコツコツ実績を積み上げていくしかないんです。


ライティングなら「経験から文章を書ける」分野がおすすめ

単価が低いプロジェクトでも、
同じような初心者が同じような考えである程度集まって来るので、
やはり競争にはなります。


ただ、このレベルの競合であれば案件選びと提案書の工夫で勝ち抜くことはできます。


なぜなら、ほとんどの初心者は提案書に工夫なんてしないからです。


「ランサーズ 提案書」でググって適当に見つけた提案書のテンプレを
打ち換えている場合がほとんどだと思います。


どうせ採用される可能性が低いなら、
提案書に労力をあまりかけたくないんでしょう。


もしくは本当に自分で考える力がないか。


誰だって苦労はしたくないんですが、
当然同じことをしていてはドングリの背比べなので、
ここはひとつ、提案書に力を入れてみましょう。


他者と違う提案書にするためにおすすめなのが、
経験から文章を書けそうな分野を選んで応募すること。


専門的な知識が無くても経験を踏まえて説得力のある文章を書けそうな分野であれば、
提案書の段階でライバルと違いが出しやすいですし、
クライアントにも出来栄えを想像してもらいやすいです。


例えば僕なら
・食品小売業で7年働いていた
・1年の育児休暇を男の立場で取得している

などの経験から食品・季節のイベント・育児・家事などは経験を踏まえて記事を書けます。


上記の分野の記事を求めているクライアントに対して、
「想像や調べながらではなく、経験を踏まえて詳しく書けますよ!」
というアピールができれば、
コピペ丸出しの提案書では勝負になりませんし、
クライアントもある程度出来栄えを想像することができます。


100発100中とはいかないでしょうが、
その他大勢よりは確実に優位に立てます。

どんな記事を書くつもりか、提案書で触れる

もうひとつ効果が大きいのが、
「こんな見出しで記事をつくりますよ~」ということを
提案書に示しておくこと
です。


例えば「赤ちゃんの夜泣きの対処法」の記事を求めている案件であれば、

*********************
採用いただいた場合、
以下の流れで記事を作成しようと考えております

・夜泣きの原因は?
 月齢別で原因が違う~
・夜泣きの対処法①
 昼寝の時間をコントロールする~
・夜泣きの対処法②
 生活リズムを整える~
・夜泣きの対処法③
 入眠の儀式をつくる~
・それでも治まらないときは
 上手く付き合うことも大事~

変更のご希望があれば対応致します。
ご希望に沿えるようであればご用命ください。
*******************

みたいな感じで提案すると、
クライアントさんも僕がどんな記事を書くかかなりイメージできますし、
実績がなくても「ちゃんとした記事をかけそうだな」と思ってもらえます。


もちろんここまですると提案書を作るのにはそれなりの時間がかかるのですが、
ランサーズでしっかりやっていこうと思うのなら
このぐらいやった方がいい
と僕は思います。


僕もクライアントも遊びじゃないんで。


縛られる=充実??

ブログの更新が滞ってましたが、
ランサーズの方はシコシコと取り組んでました。


プロジェクト案件にありつけると
「仕事してる感」がすごい出てきます。


育児休暇に入って以来、こういった感覚は久しぶりです。


多少なりともプレッシャーがかかる時間ができると、
そこから解放されている時間がすごく充実した気持ちで過ごせます。


なにか自分を縛るものがないと人間ダメになるんだなぁ、
無いものねだりだなぁとしみじみ感じたここ2週間でした。


それでは今日はこのへんで。

↓ ブログ村 ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村