空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

赤ちゃんが眠いと泣き出すのはなぜ?対応方法は?その時夫ができること。

どうもこんにちは。
絶賛育児休暇を取得中の男、お塩です。

ウチには生後5か月になるチビくん(息子)がいまして、育児休暇を取得中ということもあり、奥さんと一緒に子どもの面倒をみています。

子育てをしていると様々な困りごとが出てきますが、その中の一つに「寝ぐずり」があります。
寝ぐずりとは「赤ちゃんが眠る一歩前で泣き出してしまう」という現象ですね。

赤ちゃんによると思いますが、結構派手に泣きます。

「え、眠いだけでそんなに涙流して泣きわめく???」と軽く引きます(笑)

この寝ぐずりのせいで夜の寝かしつけが困難になることが頻繁にあり、そうなると世話をする方もイライラや疲れがどっと溜まってしまいます。

正直、「眠たいなら寝りゃいいじゃん!」と何度思ったことか(笑)

今回はそんな寝ぐずりについてその原因と対応方法を、私の経験などからご紹介しますね。

また男性の目線で、奥さんをどうサポートすべきかについてもお話したいと思います。

赤ちゃんが寝るときに泣き出す理由

寝ぐずりの原因は諸説ありますが、どれも科学的な根拠はありません。

赤ちゃんはモノを言わないので、本人に「なんで?」と聞くこともできませんし。

なので、諸説ある中で自分が一番納得できるものを信じればいいんです。

さすれば、気持ちの上で疲労感が和らいでいくと思います。

眠りやすい環境が整っていない

お腹が空いている(満腹になっていない)、オムツが汚れている、気温や湿度が不快、そもそもまだ眠りたくない、などさまざまな要因で「眠りやすい環境が整っていない」ことも寝ぐずりの原因になります。

寝ぐずりが始まったら、まずはこのへんを優先的に対処してあげましょう。

お腹が気持ち悪い

ミルクの飲みすぎや、うんちやガスがたまっていてお腹が気持ち悪くてクズることもあります。

この場合、大人からは目に見えない部分ですし、いくら環境を整えても効果がないので、ぱっと見原因不明の寝ぐずりに見えたりします。

眠り方がわからない、眠り方が下手

一般的によく寝ぐずりの原因としてあげられるのがこの説。
大人からしたら「なんじゃそりゃ??」ですよね。

でも考えてみると、大人の私でも眠たいのにすぐには寝付けず気分が悪くなることがあります。

それは疲労が溜まっているせいか、精神的なことが原因かはわかりませんが、赤ちゃんの身体にも似たようなことが起きているのかもしれません。

寝ぐずりの対処法

眠りやすい環境を整えてあげる

まずはここからスタートです。
何を当たり前な、、、と思われるかもしれませんが、つい漏れがちになってしまうことも。

お腹が空いてないか、オムツが汚れてないか、暑くないか、寒くないか、など一つひとつ確認して対処していきましょう。

うちの場合、「寝かしつけの体勢がしっくりきていない」なんて理由でぐずっていることもあります。

その場合は抱っこの腕を組み替えたり、奥さん→私(夫)のように抱っこする人間を替えたりすると、スッと寝たりします。

環境を整えると一言で言っても、子どもによっても見るべきところがいろいろあるので、先ほども書いたように対応に漏れが出やすいです。

落ち着いて、一つひとつ対応していきましょう。

お腹が気持ち悪くて眠らない場合

経験上、この場合は即効性のある対処法はありません。

出来ることがあるとすれば、お腹をマッサージしてガスやうんちの排出を促すことぐらいです。

しかしこれも私の経験上では効果が薄いです。
そんなに都合よくガスやうんちは出てきてくれないですから。

泣いてる子どもを放っておくわけにもいきませんから、問題が解消されるか、気持ち悪さを上回るほど眠くなるかを抱っこしながら待つしかないです。

この場合は長期戦を覚悟した方がいいですね。

上手く眠れなくてグズっている場合

この場合も基本的には眠りに落ちるまで抱っこして寝かしつけるしかないんですが、泣きわめく子どもをずっと抱いているのはしんどい!!という場合は、寝かしつけることと泣き止ませることを分けて考えたらいいと思います。

まず泣き止ませて落ち着かせてから、仕切り直しで寝かしつけに入るということです。

泣き止ませるには、ビニール袋を耳元でガサガサする、横抱きから縦抱きに体勢を変えるなどがメジャーな方法ですね。

ウチの子もこれでだいたい泣き止みます。
この辺は個人差があるので、自分のこどもはどうすれば泣き止みやすいかを普段から探求しておきましょう。

夫よ、寝かしつけと早朝の世話を引き受けよう。

上記の方法のうち、授乳以外は男性でも出来ることです。
我が家では子どもが寝ぐずりモードに入ったら、寝付くまでは私が寝かしつけをしています。

夜中起きてきた子どもにおっぱいをあげて再度寝かしつけるのは奥さんが担当するほうが理にかなっている。
とはいってもそうすると奥さんは夜中にまとまった睡眠を取りにくい。
それならばその前後の、一発目の寝かしつけと翌朝~昼にかけての世話は私がやれば、奥さんのトータルの睡眠時間は確保できるという算段です。

世の男性が同じことをするだけで、奥さんの疲労感は大きく改善します。
夫の方が仕事をしている場合、仕事に子育てにと本当に大変だと思いますが、多少無理してでもやったほうがいいと思います。

俺も仕事で身も心も疲れてるんですけど!!
という気持ちはよくわかりますが、奥さんは子どもが生まれて以来、まとまった睡眠がとれてないことがほとんど。
その疲労度は我々男にはなかなかわかりにくいものです。

奥さんの身体のためにも、夜から朝にかけての負担を分担できるよう、寝かしつけと早朝の世話を引き受けていきましょう。

まとめ

寝ぐずりが始まると、ついつい奥さんに任せっきりな人もいるんじゃないでしょうか。

寝ぐずり自体はあまり歓迎できない現象ですが、できることを一つずつ試していって、それでもだめなら体力勝負になるだけです。

対処としてそんなに難しいことはありません。
(泣き続ける子どもを抱っこし続けるのはなかなかキツイものがありますが、いつかは寝ます)

やっと寝付いたと思ったらすぐに起きてくるのが子どもの難しいところ。

寝かしつけた後も奥さんは授乳という世話をこなさないといけないわけですから、夫としてはその前後の世話の仕方をマスターして、負担を分け合える体制にしておくべきだと思います。

それでは今日はこの辺で。