空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

「2番サード田中俊太」は巨人浮上のピースとなれるのか。6/12 ホークス2-8巨人

高橋監督、とうとうやってくれましたね…!

2番サード 田中俊太。

やっとこの日が来ました…!

 

ホークス2-8巨人

 

勝ち:山口俊 5勝5敗

負け:武田翔太 2勝5敗

 

HR

巨人:亀井 3回6号2ラン

 

戦評

巨人は2回、相手の連続エラーに付け込み満塁のチャンスを作ると小林の走者一掃のタイムリーなどで4点を先制する。

その後も3回は亀井の2ラン、6回には田中俊太の2点タイムリーと効果的に加点。

投げては先発・山口俊が7回5安打1失点にまとめ5勝目。

巨人は序盤から主導権を渡さず8-2と快勝。これで3連勝となった。

 

待望の「2番 サード 田中俊太」

オリックス戦からだったかな?田中俊太がスタメンで出場するようになり、毎試合結果を出していながらも、吉川尚とメインポジションが被っていた問題。

 

どちらも1年目・2年目のホープで、僕としては両方スタメンで見たい存在でした。どちらも成長を見たいし、経験を積んで欲しい。でもセカンドを守れるのはどちらかひとり。

 

うーん、実にイヤらしい。

 

このブログでも田中俊太はセンターかサードで出れないものか??と書いてたんですが、高橋監督、とうとうやってくれました。

 

2番サード 田中俊太

8番セカンド 吉川尚輝

 

彼らが打線の中で納まるのに一番しっくりくる組み合わせだと思います。

内野陣若ぇなオイ!

 

田中俊太は足も含めた攻撃力が武器。

調子も良いので、上位でできるだけ多く打席に立たせたい。

 

吉川は守備は一級品でセンターラインにいてほしい選手。

バッティングはまだまだこれからなので、下位打線で経験を積んで欲しい。

 

二人とも左打者ですから、右打者の多い巨人打線に入れば左右のバランスも良くなります。

 

さっそく田中俊太はバッティングで2安打2打点の活躍。

守っても、8回のピンチで柳田の打球をファインプレーでアウトに。

攻守にわたって結果を残してくれました。

 

打率.238に対し、出塁率.373。

盗塁もできるし、2番打者として今後ますますの活躍を期待したいところ。

 

山口俊が7回5安打1失点の好投で5勝目。

内川が欠け、デスパイネと松田が眠っているとはいえ強力ホークス打線を相手に、援護点にも守られて快投を披露。

 

球速は150以上を超え1死球とコントロールも良好。

内野ゴロの間に一点は失うものの、ほとんどピンチらしいピンチも作らないピッチング。

今日も元気に118球を投じ、7イニングを喰うイニングイーターっぷり。

 

燃えるときは派手に燃えるけど、先発11試合中QSが7試合はなかなかのもの。

球威もあるし、奪三振能力も高い。

四死球祭りさえ無くなれば、もう1ランク上に行けそうな投手なんですけどね。

 

これで5勝5敗と星勘定はイーブン。

野上・大竹などFA先発に漂う10勝10敗投手の雰囲気が山口にも立ち込めてますが、なんとか次とその次を勝って貯金を作れる投手になってほしいところ。

 

明日の予告先発

巨人:今村

ホークス:摂津

 

今村は前回楽天戦に先発し6回無失点の好投。

今回は打線のレベルが大きく上がるが、山口の好投に続けるか。

ホークスのスタメンが大きく変わらなければ、柳田の前にランナーを溜めない投球がポイントになるんじゃないでしょうか。

デスパイネできっちり切らないと苦しそうです。

 

対する摂津はここまで2試合の登板で1勝1敗 防御率4.50。

今の摂津がどういう投球スタイルかは正直わかりませんが、おそらく全盛期ほどの球威はないでしょう。

軟投派を巨人打線は比較的打っているイメージがありますし、序盤で何点かは期待できるんじゃないでしょうか。

 

2番に田中が入ることで、今後の打線の繋がりにも期待。

3番にもう少し期待できる打者が入るといいんですが…。

3番亀井、6番長野でも悪くないと思います。

坂本・田中が出て亀井・岡本が還す、という場面が見られれば最高ですが。

 

それでは今日はこの辺で。