空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

絶望的な終盤の弱さ。もうベンチは下手に動かないでくれ。 6/7 巨人4-5楽天

もう最近、巨人の試合がつまらなさ過ぎて辛いです。

 

巨人4-5楽天

 

勝ち:岸孝之 5勝1敗

セーブ:ハーマン 1勝1敗5S

負け:上原浩治 0勝3敗0S

 

HR

巨人:阿部 4回4号ソロ、陽 7回2号ソロ

楽天:ウィーラー 3回5号満塁、藤田 8回2号ソロ

 

戦評

 

2点の先制点をもらった巨人先発・鍬原だったが、3回に楽天・ウィーラーにグランドスラムを浴びて2-4と逆転を許す。打線は阿部・陽のHRで一旦は同点に追いついたものの、2番手・上原が藤田に勝ち越しの一発を浴び、これが決勝点となった。

 

相変わらず拙い終盤の采配。

 

1点ビハインドで迎えた9回裏、楽天は守護神ハーマンがこの回から登板。

対する巨人は、先頭の阿部がストレートの四球で出塁しました。

 

 

ここで巨人ベンチは亀井に送りバントを指示。

ところが結局送れず、一死を無駄にしてしまいました。

 

亀井は以前も終盤で送りバントを失敗していて、今日も初球のボール球をファウルした時点でうまくいかない雰囲気を感じました。

 

普通の構えから投球とともにバントの構えに移るやり方でしたが、なんで初めからバントの構えをしておかないのか??

100%バントの場面です。意味不明です。

また「ストレートの四球を与えた直後」に来たボール球に、なぜ手を出したのか??

 

亀井の打席での行動にも疑問ですが、なぜベンチはそれを傍観しているだけなのか??

ボールをよく見ろ!でも、最初からバントの構えしておけ!でもいいんです。

 

もう、????????です。

 

細かいことを言えば、吉川尚を使うタイミングも疑問。

一死一塁で鍬原に替えて代打で出てきましたが、大城や中井でいいはず。

おかげで9回のノーアウト一塁の場面で代走に中井を出す羽目になりました。

亀井のバントは二塁が際どいタイミングだったので、中井ではなく吉川であればセーフだったかもしれません。

 

バントなんてやめちゃえば?

 

そもそもの話として、巨人は細かい野球ができるチームではありません。

原監督と一緒に、細かい野球からは引退したみたいです。

 

選手の大半が自由に打ちたい人ばかりなので、点を取った時もたまたま相手のミスや集中打が出ただけですし、ベンチも緻密な野球をする気は感じられません。

 

盗塁も12球団で最少ですし、エンドランやセーフティバントもほとんど見られません。

終盤のバント成功率も、資料はないですがかなり低いはずです。

 

以上を踏まえて主張しますが、

 

もうバントなんてやめちゃえば?

 

投手の打席は仕方ないにしても、亀井や陽にバントさせるぐらいなら、打たせた方が期待値が高い気がします。

 

特に終盤の大事な場面では成功率が低いことや、得点圏に送っても、それを返せる打者が坂本・岡本ぐらいしかいないからです。

 

それなら長打を期待してそのまま打たせた方が、できないバントを指示して失敗するよりもまだマシに思えます。

幸いにも、巨人は下位打線にも長打を期待できる打者が多いんですから。

 

ベンチには、動かないなら徹底的に動かないでもらいたい。

「ベンチも考えてるアピール」でやらせてんじゃないの?というぐらいに終盤の采配は酷いですから。

 

 

 

上原はそろそろ限界かもしれない。

 

今日は最終回の攻撃だけにフォーカスを当てようかと思ったんですが、上原についても少し触れておきたいと思います。

 

同点の8回に2番手で登板し、藤田に決勝HRを浴びた上原。

HR打者ではない藤田に打たれるというところが、いかに球威とコントロールが不十分かを物語っています。

 

頼みのコントロールもなりを潜めています。

今日も高めやや真ん中に入った直球で被弾。

前回登板のオリックス戦も、結果は三者三振でしたが、逆玉のオンパレードでした。

その前も中田翔にど真ん中のボールを投じ被弾しています。

 

正直今のままでは、もう選手として厳しいと思います。

上原がコールされると場内から大歓声が起こりますが、それは「絶対抑えてくれる!」という信頼からくる歓声ではないはずです。

 

大好きな投手ですが、だからこそ無残な姿は見たくないのです。

少なくとも一度、二軍で調整すべきでしょう。

 

限界かもしれないと文頭で書きましたが、本音では是非復活して帰ってきて欲しいし、上原の経験とコントロールがあればできると信じてます。

 

明日の予告先発

巨人:菅野

西武:菊池

昨年のセパ最多勝投手同士の対戦です。

 

菅野が西武打線を抑え込めるのか??

勝ち負け以前に、そこに興味がありますね。

菅野がダメなら、誰がやっても駄目だった、そう思える投手ですから。

 

菊池に対する打線は、今日の岸のように点が取れるのか、ですね。

上沢や岸など、エース級の投手からなぜか得点できていので、明日どうなるか楽しみです。

巨人の選手たちは西武打線を間近で見て、巨人打線との得点能力の違いについて考えてほしいところ。

あ、でもベンチにはじっとしててください(笑)

 

それでは今日はこのへんで。