空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/31 巨人2ー4日ハム 鍬原、プロ初登板を飾れず。また淡泊打線に逆もどり。

巨人2ー4日ハム

勝ち:村田透 3勝1敗

セーブ:トンキン 2勝0敗12S

負け:鍬原拓也 0勝1敗

 

HR

巨人:ゲレーロ 7回9号ソロ

日ハム:中田 8回12号ソロ

 

戦評

巨人先発はプロ初登板初先発の鍬原。

3回にレアードのタイムリーなどで3点を失いファイターズにリードを許す展開に。

追いかける巨人は7回にゲレーロのソロHRで1点差に詰め寄るも、8回に上原が中田にHRを浴びるなど追いつくことができず。

鍬原はプロ初黒星。交流戦1カード目は負け越しとなった。

 

 

初登板の鍬原は5回3失点。

プロ初登板初先発のドラ1ルーキー鍬原でしたが、結果は5回を投げて2安打6四死球7奪三振3失点。

 

3回だけ大きく乱れてしまいました。

変化球が大きく外れるかど真ん中にいくかで二極化してしまい、2長打に2四死球。

四死球は毎回出していましたが、このイニングは特にコントロールに苦しんでいました。

 

ただ、この回以外は四死球は出すものの、ヒットは0。

とくに4回以降直球を軸にするようになってからはコントロールミスも減り、立ち直ったように見えました。

 

5回の裏に代打を出されて降板になりましたが、次回に期待を持てる内容だったんじゃないかと思います。

ストライクゾーンで勝負できる球を持っているように見えましたし、次回はストライク先行のピッチングを見せてほしい。

 

一度乱れると立て直せずにずるずると行ってしまう田口・野上・吉川と比べると、全然希望が持てる内容でした。

 

 

日ハム先発・村田に好投を許す。

初回こそ陽の死球と盗塁を絡めて1ヒットで鮮やかに先制した巨人でしたが、その後がさっぱりでした。

 

結局6回途中を4安打2四死球の2失点。

昨日書いた通り、ムービング系のボールを攻略できず、でした。

 

外角のコントロールが特に良かったかな。。。

投げミスはほとんどなかったように見えました。

 

1戦目のマルティネスと同じようなやられ方。

巨人の淡泊打線では難しいです。

 

 

得点圏で打たない縛りのゲレーロ。

7回に先頭打者として入った打席で、一時は1点差に迫るHRを打ったゲレーロ。

これはこれで価値ある一発だったと思います。

 

ただ、8回裏の二死一二塁のチャンスではあえなく三振。

1-3と有利なカウントになったにも関わらず、その後ボールになる変化球を二球連続空振り。

相手投手を助けてしまします。

(助っ人ってそういう意味?)

 

得点圏打率は.232。

やはりランナーがいる場面では頼りにならない…(笑)

もう割り切って終盤の勝負所では亀井代打でも面白かったんですが、さすがにしないですよね(笑)

 

明日の展望

予告先発は

巨人:菅野

オリックス:ディクソン

 

菅野は前回登板では1失点完投も敗戦投手に。

負けが込んでいる状況ですが、さすがに繰り返してほしくないところ。

菅野は抑えてくれるでしょう!

あとはいかに打線が点を取れるか。

 

対するディクソンはここまで0勝4敗 防御率5.52。

直近3試合もすべて5回持たずに降板しています。

 

先発の実力から言えば勝たなければいけない1戦ですが、ここで打てなくなるのが巨人クオリティなので、もうそこは打線の奮起を期待するしかないですね。

細かい工夫ができるチームでもないですし。

(というか高確率で失敗するからしないで欲しい)

 

それでは今日はこのへんで。

 

以下、観戦記。

【3回表】レアードのタイムリーなどで日ハム逆転…。1-3

一死満塁から中田の犠牲フライ、レアードの2点タイムリーで一挙逆転を許します。

 

先発の鍬原がこの回はランナーを出してからヘロヘロに。

変化球が大きく外れるか真ん中かと二極化してしまい近藤には四球、レアードには二塁打を浴びてしまいました。

 

初先発の疲れなのか、ピンチを背負った緊張なのかはわかりませんが、4回以降不安が残る内容ですね…。

 

【4回表】

先頭の杉谷に死球を与える苦しい立ち上がり。

一死二塁のピンチを迎えるも、村田、西川を打ち取って無失点。

ピンチになってからは直球中心で立ち直ったように見えました。

 

鍬原、5回2安打3失点で降板

初先発のドラ1ルーキー鍬原は5回を投げ切ったところで降板。

2安打3失点7奪三振も6四死球と、特に変化球のコントロールに課題を残しました。

 

大きく崩れたのも、四死球を連発したのも3回表のみで、その後は直球主体に切り替えて立ち直ったようにみえましたので、次の登板も期待していいんじゃないでしょうか。

 

5回3失点なら、巨人のローテ投手と遜色ないですからね…(悲しいけど)

次回は直球主体で、ストライク先行のピッチングを観たい!

 

【7回表】谷岡、2イニングを無失点の好リリーフ。

昨日プロ初勝利を挙げた谷岡が、同級生の鍬原の後を受けて二番手で登板。

6回は6番からの下位打線相手でしたが、3人でピシャリ。

7回は西川に四球を許すも後続を断ち、2イニング無失点。

昨日に引き続き好投を見せてくれました。

 

【7回裏】ゲレーロ、1点差に追い上げるHR!2-3

相変わらずのソローロっぷりですが、僅差の場面での価値あるHR。

このHRが村田の動揺を誘ったか、続く長野へ四球を出してしまい降板。

 

【8回表】上原登板も・・・

先頭の中田にHRを浴びて再び2点差に。

2球目の変化球が真ん中に入ったところを完璧に打たれました。

 

コントロールが生命線の投手だけに、長距離打者に1ストライクからの2球目にこの球では厳しい…。

 

【8回裏】得点圏打たない縛りのゲレーロ。

一死から陽・岡本の連続ヒットで一二塁のチャンスを作りましたが、4番マギー・5番ゲレーロが倒れて無得点。

 

前の打席ではランナー無しの場面でHRを打ったゲレーロでしたが、やはりランナーがいる場面では頼りにならない…(笑)

もう割り切って亀井代打でも面白かったんですが、さすがにしないですよね(笑)