空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/25 阪神1ー0巨人 菅野1失点完投も、岩貞を打てず…。岡本3番が見たい!

阪神1-0巨人

 

勝ち:岩貞祐太 3勝1敗

セーブ:ドリス 0勝1敗15セーブ

負け:菅野智之 5勝3敗

 

HR

阪神:糸井 5回8号ソロ

 

岩貞を打てず・・・

今季初対戦だった岩貞ですが、打てませんでした…。

何が良かったのか??はよくわかりませんでしたが、直球主体で、その直球に力があった、ということだったんでしょうね。

 

あと、今日の球審はだいぶ可変ぶりが酷かったですが、それを上手く味方につけれていたと思いますね。

「贔屓されていた」とかではなくて、相性が良かった、というか。

 

尻上がりに調子を上げてましたから、序盤の2~4回のチャンスで攻めきれなかったのが悔やまれます。

1点取るだけで展開は変わったと思いますが…。

 

最終回に見せ場を作るも。

 二死一塁から巨人は代打攻勢。

まず阿部がレフト前ヒットで二死一二塁とすると、連続代打でチャンスに強い亀井。

巨人ファン的には期待大の場面!!

 

…でしたが、空振り三振でゲームセット。

見せ場を作るのが遅すぎましたねぇ。

 

菅野は4安打1失点の完投も、糸井の一発に泣く・・・

4回まで完璧に抑えていた菅野でしたが、5回に糸井にソロHRを浴びて先制を許します。

 

それ以降はピンチをつくるものの無失点で抑え切っただけに、この1点が悔やまれます…

 

でも8回1失点と仕事は果たしてくれました。

勝ちをつけてあげたかった…。

 

ゲレーロは打順を下げるべき。

別に彼を嫌いなわけではないんですが!

高めの直球に空振りで追い込まれてから外の球で打ち取られるケースがもはや様式美のようになっている状態。

 

村田修一や阪神時代の新井さんが放つゲッツーのようなもんです。

 

開幕からずーっとこれですが、コーチ陣はいつまで放置するんでしょうか??

 

これ、何も言ってないなら問題ですし、言っててできないならできるようになるまで調整させるべきでしょう。

事情があってそれができないなら、せめて打順を下げてほしい。

 

むしろ、今の陣容なら亀井・陽・長野でも構わないと思います。

(さすがに岡本をレフトにするようなことはしてほしくないです)

 

出塁率の高い坂本の後を現状のゲレーロが打っていては、なかなか点に繋がりません。

 

マギーも本調子ではないので、岡本の前にもなかなかランナー溜まりませんし……。

 

ちなみに僕は3番岡本を激推しします。

 

陽が戦列復帰。ヒットにファインプレーも。

陽が一軍登録即7番センターでスタメン復帰。

結果は3打数1安打、守備では中谷の打球をダイビングキャッチ。

 

まずは元気な姿を見せてくれました。

 

まだまだストライクゾーンの判断がしっくりきてない?様子。

特に内角の球の判定に首をかしげる場面が多くみられました。

(まぁ今日の球審も酷いもんでしたが)

 

復帰後初打席は一死一二塁の場面で回ってきて見逃し三振。

チャンスで三振は離脱前とまったく同じ光景で今後に不安がよぎりましたが、一軍で活躍できるかどうかはもう少し見ないとですね。

 

明日の展望

予告先発は

巨人:田口

阪神:小野

 

田口はここ3試合で6~7回を2失点と試合は作っています。

作ってますが、HRが多いのが気がかりですね。

なんかHRを打たれてはいけない場面で 打たれてるイメージですね…。

阪神戦は2試合で防御率3.38と比較的抑えているんですが、信用はできません(笑)

巨人ファンは田口を応援はすれど、ほとんどの人がまだ信用はしてないと思います(笑)

 

 対する小野は巨人戦今季初先発。

ここまで3勝2敗 防御率3.58。

最近の登板でも「抑えてないけど撃ち込まれてもいない」という、なかなかよくわからない投手。

岩貞よりは落ちると思いますし、何点かは取れるんじゃないかな?

 

田口が7回2~3点ぐらいにまとめてくれれば、勝ちを掴める可能性は高まるんじゃないかと見てます。

 

打つ方では…とにかく3、4番ですね。

ゲレマギと心中するならそれでもいいですけど…。

 

ううんやっぱり3番岡本が見たい!

 

それでは今日はこのへんで。

 

以下、観戦記。

 

【3回表】ゲレーロ、先制のチャンスもいつものパターンで凡退…。

2死ながらランナー2塁と先制のチャンスを作った巨人でしたが、ゲレーロがインハイ直球2球で追い込まれ外のボールで三振という、いつもの光景で凡退。

 

打撃コーチはこれ、いつまで放置するんでしょうか??

開幕からずーっとこのパターンで打ち取られてますけど。

 

できないなら打順を下げることを考えてほしい。

3番には岡本を推します。

坂本の出塁率が高いだけに、今のままではランナーがもったいない…。

 

【4回表】陽が復帰後2打席目でヒットを記録。

1打席目はチャンスの場面でバットを振らずに見逃し三振に倒れた陽でしたが、2打席目はフルカウントからレフト前へヒット。

 

岩貞の直球に振り遅れてましたが、打席の中で修正をしてきましたね。

 

長野・陽の連打で2アウトからチャンスを作りましたが、続く小林が倒れて得点ならず。

 

【5回裏】糸井のHRで先制を許す。1-0

4回まで一人のランナーも許さなかった菅野ですが、この回の先頭打者糸井にHRを許し1点の先制を許す。

 

変化球がやや真ん中に入りましたかね…

打った糸井も上手く打ったように見えました

 

その後、坂本のエラーや四球などで二死満塁のピンチを迎えるも、植田を見逃し三振に仕留めてなんとか1点で踏みとどまる。

 

【6回裏】菅野、無死3塁を無失点で切り抜ける。

先頭の糸原に3ベースを浴びて無死3塁のピンチ。

しかもクリーンナップという場面で、1点はやむなしの場面でした。

 

福留 遊ゴロ(糸原はスタート切らず)

ロサリオ 三振

糸井 三飛

 

と抑えて無失点で切り抜けます。

福留のところでホームに帰ってこられなかったのが助かりました。

 

打線も菅野のピッチングに応えてほしいですが…!

 

【7回表】岩貞が尻上がりの好投。打てん!

5~7回は小林のヒット1本のみに抑えられました…。

 2~4回の得点機を一つもモノにできなかったのがここにきて響いてます。

1点でも取っておけば展開変わっただろうなぁ。

 

【7回裏】ピンチから菅野がまたも踏ん張りを見せる。

先頭の中谷にヒットを許し、そこから一死二塁のピンチを招きますが、そこから梅野・代打鳥谷を連続三振に切って取り追加点を許しませんでした。

 

糸井の一発だけがなぁー。

あれがなければなぁー…。

 

【9回表】見せ場を作るも…

マギーと代打阿部のヒットで二死一二塁のチャンスを作り、今日はベンチスタートだった亀井が代打で登場。

チャンスに強い亀井だっただけに期待大でしたが、低めのボールを振らされ空振り三振でゲームセット。