空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/23 巨人3-9広島 初回で5失点は重すぎた...前夜完封の勢いがフイに。

巨人3-9広島

 

勝ち:岡田明丈 5勝1敗

負け:吉川光夫 3勝3敗

 

HR

巨人:長野 6回3号ソロ

広島:田中 1回2号ソロ、新井 1回1号3ラン、田中 4回3号ソロ

 

戦評

巨人先発・吉川光夫は初回、田中の先頭打者HR、新井の3ランなどでいきなり5点を失うと、4回にも失点を許し8失点。後続も打たれ序盤で9点のリードを許してしまう。

対する広島先発・岡田は中盤にピンチを作るものの、要所を締めて7回3失点にまとめて今季5勝目。

吉川の乱調により勝負は序盤で決した。

 

吉川光夫が初回でゲームを壊す。

初回5失点でゲームが決まってしまいました。

田中に先頭打者HR、新井に3ランを浴びて4失点。

まだそこから改めて打たれて1失点。

 

昨日の完封勝利が台無し…。

 

さらに4回には田中に再びHRを浴びると、連続四球でランナーを二人残して一死も取れずに降板。

 

結局3回8失点。

中6日の調整期間を毎回貰っていて、あまりにも情けないピッチング。

 

確かに雨が降る悪いコンディションでしたが、それは相手先発の岡田も同じ。

 

崩れた4回には、しきりにマウンドの状態を気にするそぶりを見せてましたが、なにか言い訳がましく見えましたね…。

 

 

吉川光夫交代のタイミングも疑問…。

強い雨が降る中の一戦でしたが、序盤乱調の吉川が3回に迎えた打席で、巨人ベンチは代打を送ることをしませんでした。

 

結果論でなく、この判断が?です。

 

いつ降雨コールドになってもおかしくない中、5点のビハインドの3回であれば、打たれている投手を打席に立たせて送りバントなんてさせている場合ではないでしょう。

 

代打策でどんどん打たせてランナーを溜める、5回までに追いつく攻撃に懸けるのが定石では??

 

もちろん都合よくヒットが出るかは分かりませんが、3回から5回までの3イニングで少なくとも5点とらないと、5回で試合が成立した後コールドになった瞬間に負けですよ?

 

ましてや移動日と昨日の山口の完投、明日も移動日ということで、リリーフを惜しまずに投入できる状況だったはず。

 

どのみち吉川は立ち直っても5回が限度の投手。

勝つ確率を上げるなら、初回に5点を失った瞬間に、打席が回ってきたら替えるという判断をしてほしかった。

 

結局吉川は次の回一死も取れずにノックアウト。

回の途中からの登板となった谷岡が3失点。

 

もちろん、巨人ベンチなりの考えあっての判断だと思いますが(そうだと思いたい)、観てる方としては何とも不満の残る、中途半端な用兵に映りました。

 

 

 

今季初登板の池田駿が好リリーフ。

今シーズン初登板となった池田駿ですが、5・6・7回と野間のヒット1本に抑える好リリーフ。

 

中盤、岡田からチャンスを作れるようになったことと、池田が5回までで9得点と猛打爆発中の広島打線を0に抑えてくれたおかげで試合を見続ける気になれましたね(笑)

 

これなら先発を池田にしておけば…なんてタラレバも浮かんでくるほどのピッチングでした。

 

苦手・岡田を打ち崩すには至らず…。

ここまで巨人戦の通算防御率が1.95と、巨人が苦手としていた広島先発・岡田。

 

中盤にはノーアウトからランナーを溜めるなど攻め込みましたが、最終的には7回7安打4四球も3失点にまとめられました。

 

もう1本出れば…という場面もありましたが、ゲレーロや調子を落としている坂本が流れに乗れませんでした。

 

次回からの対戦も苦戦しそうな予感です(^^;

 

新井さん、5打点の大活躍。

広島の5番に入った新井でしたが、初回に3ラン、4回に2点タイムリーと5打点の活躍。

 

チーム一のベテランですが、一番ユニフォームが汚れてましたね…!

泥んこ姿がよく似あいます(^^♪

 

次戦の展望

次のカードは金曜から甲子園での阪神戦。

交流戦前の最後の3連戦になります。

 

予想先発は

巨人:菅野

阪神:岩貞?ですかね。少なくともメッセ・秋山には当たらないのがラッキー。

 

岩貞は前回登板では5回4失点(自責点は2)。

ここまで防御率は1.96も、まだ4試合の登板しかないので判断つきませんねぇ。

過去、岩貞を打ててないイメージはないですが…。

 

対する菅野は前回の阪神戦では2失点完投勝利。

ここからさらに状態を上げているだけに、期待していいんじゃないですかね!

 

チーム自体も阪神相手に7勝2敗と大きく勝ち越し中。

横浜・広島に大きく負け越し、直近の直接対決でも勝ち越せなかった中では、せめて得意カードできっちり勝ち越しておきたいところ。

 

打線では坂本の調子が悪そうなのが気になりますが、それよりもゲレーロの打順を下げて、3番岡本が見たい。

 

悪いなりにも塁に出れる坂本の後を打たせた方が、今の3・4番の後を打つより点になると思うんですよね。

 

岡本は阪神戦に滅法強いですしね。

レギュラー1年目の選手に過度に期待をかけるのも悪いんですが、成績的にも3番に置かないともったいない気がします。

 

というわけで、次戦は岡本に期待です!

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

以下、観戦記。

【1回表】吉川光夫、初回5失点でゲームを壊す。

初回、先頭の田中にHR、新井に3ラン、美間にタイムリーを浴びていきなりの5失点。

 

初回から打者一巡の攻撃を許し、連勝を目指すチームにとって最悪の展開となりました。

 

3ランを浴びた後でまた改めて打たれて失点するなんてどういうことなのか。

 

相手先発が巨人戦を得意としている岡田ということを考えても、最少失点でいかないと勝ち目が薄かっただけに、大きなハンディキャップとなってしまいました…

 

3回の吉川光夫の打席には、代打を出してほしかった。

持ち直してもどうせ5回までしかもたないですからね。

 

 

【4回表】田中広輔に2本目のHRを浴びる。

1-3とボールカウントを悪くしてからど真ん中のストレートを完璧に打たれて被弾。

 

続く菊池・バティスタにも明らかなボール球で四球。

 

雨の影響でマウンドが柔らかくなっていたのか、吉川はしきりに足元を気にしていましたが。

岡田も前の回にコントロールを乱してましたね。

 

まぁ、もともとコントロール悪いから雨のせいかはわからん(笑)

 

バティスタに四球のところで投手交代となりました。

やっぱりさっきの回の打席で代打を出しとけばよかったのに…。

 

【4回表】代わった谷岡も失点を重ね、9-0に…。

 

無死一二塁でマウンドに上がった谷岡でしたが、新井に2点タイムリーを浴びるなどさらに3失点。

 

雨・ランナーを背負っての場面・4番からと、谷岡には気の毒なマウンドになりましたね…

 

この回の最後の打者・美間も打った後バッターボックスで滑ってこけてましたので、相当やりにくい状況だったんでしょう。

 

試合は0-9と超ワンサイドとなりました…。

もはや期待するのは降雨ノーゲームだけとなりました(笑)

 

【5回表】岡本のタイムリーなどで2点を返す。2-9

一死一二塁のチャンスから岡本がレフトへのタイムリーでようやく一点を返すと、亀井ヒットで満塁として長野の犠牲フライで2-9。

 

その後も2死満塁まで岡田を攻めるも、代打辻が一ゴロに倒れて反撃ストップ。

もう2点ぐらい取れてると展開変わったのになぁ。

 

【5回裏】ゲレーロ、反撃ムードに水を差す併殺打。

前の回に2点を返し、この回も先頭から連続ヒットで無死一二塁のチャンスでしたが、3番ゲレーロが併殺で一気に2死に。

 

反撃ムードを作っていこうというところで、3番が水を差すのが苦しいところ。

ゲレーロ、見た目の数字はいいんですが、ほとんど死体蹴りとか勝敗に関係ないところでのヒット・HRが多いんですよね…。

 

本人のプライドもあるでしょうし、クリーンナップ以外での起用は難しいんでしょうけど。

今の状態では、3番で見たい選手ではないかな(^^;

 

【6回裏】長野のHRでさらに1点返す。3-9

二死ランナーなしから長野が会心の当たりでHR。

今日は岡田からいい当たりを連発していたので期待感はありました。

前の打席の、満塁の場面で打ってくれてたらなおかったんですけど(笑)

 

【7回表】池田駿、3回を1安打無失点の好リリーフ。

今シーズン初登板となった池田駿ですが、5・6・7回と野間のヒット1本に抑える好リリーフ。

 

中盤、岡田からチャンスを作れるようになったことと、池田が5回までで9得点と猛打爆発中の広島打線を0に抑えてくれたおかげで試合を見続ける気になれましたね(笑)