空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/16 ヤクルト4-12巨人 一挙7得点のビッグイニングで大勝!首位と2.5ゲーム差!!

ヤクルト4ー12巨人

勝ち:吉川光夫 3勝2敗

負け:原樹理 0勝5敗

 

本塁打

巨人:坂本4号ソロ

ヤクルト:山田11号ソロ、西浦2号3ラン

 

戦評

巨人は同点で迎えた4回表、打者一巡の猛攻で一気に7点のリードを奪う。

その後も7回に4点を加えるなどヤクルト投手陣を打ち込んだ。

投げては大量リードに守られた先発・吉川光夫が6回1失点とすると、あとを受けた投手もリードを守り大勝。

最後は中川が3失点とヤクルト打線を温めて広島に送り込むことも忘れなかった(?)

首位広島が敗れたため、そのゲーム差を2.5に縮めた。




4回表、打者一巡の猛攻で一挙7得点!!

 

阿部から始まる攻撃でしたが、阿部・岡本連打のあと、亀井・長野の連続タイムリー。

加えヤクルトのバント処理ミス、坂本・吉川の連続タイムリー、ワイルドピッチで一挙7点を奪います。

 

今年はここまでビッグイニングが多いような気がします。

 

細かいことをしない集中打待ち打線なので、その集中打が多く出ているのが上位につけている要因でしょうね。

 

 

吉川光夫、6回6安打1失点の好投も……。

 

大量リードに守られて吉川は今シーズン最長の6回を投げ切り1失点の好投。

 

なんですが、7点リードを貰いながら6回で下げられるのは情けない…。

 

6回は無失点で済んだものの2本ヒットを打たれたり、粘られた末に死球を出したり、強烈な当たりが野手の正面をついたりとアップアップな状態でしたね。

 

本来なら最低でも7回という展開でしたが、結局リリーフの力を借りることになり物足りないですね。

 

なんか6回まで投げたら仕事した!とか思ってないか??

 

長野、18試合連続安打。

 

今日連続安打を18試合まで伸ばした長野。

一時は1割台だった打率も.277まで上げてきました。

 

今日は良いところでタイムリーも打ちましたし、打線の中でも頼れる存在になってきました。




エモヤンの言うことに共感。

 

5回のマウンドへ向かった吉川に対し、「5回っていうのは勝利投手の権利が発生するだけで、5回を投げたからって責任を果たしたことにはならない。7回を投げるのが最低限の責任。」とは今日の解説・エモヤンのお言葉。

 

まったくその通り!!!!

 

おい吉川・田口・野上聞いているか!!

エモヤンの言う通りだぞ!!

頑張ってくれよ!!

 

 

中川、最後にヤクルト打線を温める

前回のカードの3戦目にカミネロがそうしたように、今日は中川がヤクルト打線を最後に温めるために(?)3失点。

 

怖いもので、前回カミネロが温めた中日は次の広島戦で打線が爆発。

ヤクルトも次戦は広島…(笑)

 

いや、ビシッと締めてほしかったですが。

 

次戦の展望

次は金曜日に東京ドームで横浜戦。

予想先発は

巨人:菅野

横浜:石田(たぶん)

 

前回は同じ顔合わせでスコアレスドロー。

延長に入ってからゲレーロの暴走や立岡のバントミスなど攻撃の勢いを自ら手放すことで勝ち試合を取れなかった、という展開でした。

 

まぁ本来は先発の石田から1点でも取れなかったのが痛かったんですが。

同じ相手に同じようにやられないようにしてほしいですね。

 

対する巨人先発は菅野。

現在27イニング連続無失点中と好調を維持しています。

 

石田相手に何点も取れるかは微妙なところなので、投げ勝つ投球を見せてほしいですね。

 

それでは今日はこのへんで。