空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/15 ヤクルト2-1巨人 岡本2試合連続の一発!!…も、ハフの快投に屈する。

ヤクルト―巨人

 

戦評

巨人は2回裏、守りのミスなどからピンチを招くと山田にタイムリーを浴びて先制を許す。

4回に岡本のソロで同点に追いつくと、そこから試合は山口俊・ハフの両先発の投手戦に。

1-1で迎えた8回裏、好投を続けてきた山口が青木にソロHRを浴びてリードを奪われると、9回はハフの後を受けた2番手石山の前にチャンスを作るも得点は奪えず敗北。

巨人打線はは2失点完投と好投した山口を援護できなかった。

 

 

山口俊、敗戦投手になるも2失点完投。

 

序盤は前回同様ボール先行の苦しいピッチングも、中盤から立て直しましたね。

 

序盤は低めのストレート?フォーク?が引っかかりベースはるか手前でワンバン。

 

特にフォークは試合通じて全くと言っていいほど決まらずで、追い込んでからのウイニングショットに苦労してました。

 

ここ2試合炎上が続いていただけに、この調子だと今日も5回当たりから崩れるか?と思っていたら、逆に肩が温まった?感覚を掴んだ?のか調子を上げてきました。

 

打者のいい当たりが野手正面に飛ぶなど運も味方につけ、8回5安打2四球2失点。

最後、長打だけは避けたいところで青木に痛恨のソロを浴びましたが、山口は責められないでしょう。

 

さすが地方球場の鬼。

面目躍如です(笑)




ゲレーロ、元気に試合復帰。

 

前の試合で手の甲に死球を当てて退いていたゲレーロですが、スタメンで出場。

 

そして今日も元気に高めのボール球に空振り三振(笑)

 

痛めた影響でうまく力が抜けると良かったんですが(笑)



2回裏、巨人のミスから1点を失う。

 

山田に先制のタイムリーを打たれますが、防げた1点でした。

 

山口俊のボール先行のアップアップのピッチングもそうですが、ヤクルトの盗塁(実際はエンドラン空振り)に対して2塁への送球時に、誰もカバーに入らずセーフに。

タイミングは楽々アウト、ここでアウトが取れれば点を失う前にチェンジだっただけに、余計にもったいないミスになりました。

 

結果だけを見れば1点差ゲーム。

エンドランは頭にあったはずなので、二遊間の二人はおおいに反省してほしい。

守備範囲が広く、華のある守備を見せてくれる二人ですが、だからこそ基本的なところでミスをしないようにしてほしいですね。

 

また、ピッチャーのハフに内野安打を打たれたのもよくないですね。

ランナーを得点圏に置いた状況で山田を迎えてしまいました。

 

ヤクルトの得点源は山田とバレンティンなだけに、その二人の前にランナーを溜めないのが定石だと思うんですが…。

 

山口は前回登板時も同じくピッチャーの秋山に打たれているというのに…。



4回表 岡本、二試合連続、右方向への同点HR!!

 

前の試合で、プロ初の逆方向への一発を打った岡本。

 

今日も外角の直球を振りぬき、ライトスタンドへ2試合連続、右方向へのHR。

 

逆方向への打撃を自分のものにできたのか…!?

 

ちなみに、7本打ってるうち、今日が初めてのソロHR。



9回表、バントミスで反撃ムードに水を差す。

 

1点を追う9回表、先頭の岡本がシングルヒットで出塁。

 

ここで巨人ベンチは亀井に送りバントのサインを出しますが、失敗に終わってしまいます。

 

思うんですが、普段からバントしてない余波がここに出たんだと思います。

普段から細かい野球なんてしてないんですから、いきなり大事な局面でやろうとしても上手くいかないのもうなずけます。

 

まして、普段バントしない亀井ですからね…。

巨人ファンは終盤ビハインドの場面のバントにいいイメージないんじゃないでしょうか。

 

結果論と言われようが、3割打者ですし、打力を考えたら打たせて欲しかった。



明日の展望

明日の予告先発は

巨人:吉川光夫

ヤクルト:原

 

吉川光夫はここ2試合、5回1失点と短いイニングながら好投を見せています。

なぜか6回以降は乱れる仕様になっているので、明日も5回まででしょうね。

 

逆に5回までで炎上するような試合はなかったと思いますので、明日もそれなりに5回終了までは試合を進めてくれるんじゃないかと思います。

 

対する原はここまで0勝4敗 防御率4.70と成績上は厳しい。

ただここ2試合は5~6回を2失点と、吉川と似たような内容。

 

今日抑え込まれたハフも今日までは勝ちが0だっただけに、巨人を狙って好投するのはやめていただきたい(笑)

 

四球はあんまり多くないんですが、被安打が多いので「一イニングにヒットを集められるか」「長打を絡ませられるか」が攻略のポイントでしょうか。

 

リリーフも巨人の方が比較的層が厚そうなので、勝率を上げるためには原を早い回に降ろすことも大事になってきそうです。

 

まだダンゴ状態とはいえ、最下位チーム相手に負け越しではなかなか貯金は殖やせません。

名古屋では、カミネロが温めた(笑?)中日打線が広島に猛打を浴びせて勝ちました。

既に3.5ゲーム差と、着々と差を広げていく広島に食らいついてくためにも、ヤクルトにしっかり勝って広島戦を迎えたいところです!

 

それでは今日はこのへんで。