空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/12 巨人0-6中日 ガルシアに完封を献上し連勝ストップ。田口の状態はいつになったら上がって来るのか…?

巨人0-6中日

 

戦評

中日は4回に福田のソロHRで1点を先制すると、6回にはビシエドのソロHR、7回にはアルモンテの3ランHRとクリーンナップの一発攻勢で得点をリードを広げる。

対する巨人打線は中日先発・ガルシアを打ちあぐね、1点も奪えず完封勝利を献上。

巨人の連勝は3でストップ。前日の菅野完封の流れを活かせなかった。



ガルシアを打ち崩せず。

 

今日はガルシア。

ガルシアを打てなかったことに尽きます。

 

直球に角度があること、微妙に動かしていること、いつもよりも制球が定まっていたことにより、巨人打線はなかなか捉えられませんでしたね。

 

初回と8回しかチャンスらしいチャンスは作れませんでしたが、どちらもゲレーロが打ち取られ得点には繋がりませんでした。

 

巨人は6安打も連打は一度もなし。

散発6安打、という表現がぴったり。

 

ガルシアはいつもならもっと四死球が多いはずなんですけど、今日に限っては1四球とストライクゾーンで勝負してきてましたね。

 

先発に好投されて6点も取られてたら勝てないので、ある意味切り替えやすい負け、と開き直るしかないですねぇ。



田口、7回二死まで4安打に抑えるも内容が良くない…

 

被安打4のうちソロHRが2本と安打数の割りに点を失ってしまいます。

相手先発のガルシアの投球内容を考えると点をやれないなか、ランナーなしでHRだけは避けるべきところで一発を打たれるという…。

 

ビシエドはまだしも打率2割前半の福田にまで打たれるのは厳しい。

 

もちろん全体を通して7回2失点なら上々の結果なんですが、防ぎようがあったと思えるだけに物足りなさを感じましたね。

 

最後、岡本のエラーから崩れてアルモンテに3ランを浴びますが、エラーがなければイニングが終わっていただけに、さすがにここを論じるのは田口が気の毒ですかね。



僅差の試合ではゲレーロが悪目立ち。

 

8回裏、一死満塁と今日最高の得点機で初球を打ってのダブルプレー。

一球でチャンスを潰します。

紙一重の打球だったかもしれませんが、簡単なコースではなかっただけに、じっくり攻めてほしかったです。

 

ここまで打率3割越え、7HR24打点と数字は立派なゲレーロですが、なかなか勝ちに結び付く場面でバッティングができません。

 

7HRも大負けでの追い上げや試合が決まった後の死体蹴りのような一発がほとんどで、そういう意味でも僅差の試合でなかなか存在感を示せていません。

 

外角のボール球変化球を2球空振りし、追い込まれたら高めの直球(これもボール球)に手を出して三振、といった場面が目立ちます。

 

このパターンは開幕からほとんど変わっておらず、誰も彼に指導とかしないんでしょうか…?

ボール球を見極めるだけでもチャンスでの打席の内容が変わってくると思うんですが。



ドラフト6位ルーキー、若林がプロ初出場。

 

8回表からセンターの守備に就き、プロ初出場を果たしました。

 

もともとキャンプも一軍で過ごしていて、2軍の試合では3割を超える打率と2HRを記録しています。

 

8回裏に先頭打者でプロ初打席に入りました。

結果は好投ガルシアの前に二フライ。

初打席の相手にしてはちょっと荷が重かったですね(笑)

 

スイッチヒッターで内外野守れるユーティリティみたいですし、試合のいろいろなところで出て経験を積んで欲しいですね。



吉川尚、ガルシアから2打席連続死球。

 

3、4打席で連続死球を貰います。

 

次のイニングの守備から退いてますのでちょっと心配ですが…。

 

吉川が離脱すると守備力がガタ落ちだし、何より観てて楽しみな選手でもあるので軽症であってほしいですね。



長野、密かに15試合連続安打。

 

3打席凡退の後の第4打席でレフト前ヒットを放ち、連続安打を継続。

打率が.263と、上がってきたとはいえまだまだ低いのであまり話題に上がりません(笑)



明日の展望

明日の予告先発は

巨人:野上

中日:松坂

 

巨人は前回登板で2回7失点と大炎上した野上。

そこまではある程度の好投を見せてくれていただけに、1週間で立て直せるか。

味方が点を取ってくれるまでにどれだけ粘れるか、がカギじゃないでしょうか。

 

中日は松坂が今季4度目の先発。

今季初登板となった巨人戦では5回までに巨人が3点を奪い、負けを付けています。

 

前回の登板で初勝利を挙げており、観てる側も「ウチで初勝利を献上するのは…」と変なプレッシャーを感じずに見れますね(笑)

 

話題が先行してるなか、防御率も2.00と安定したピッチングをここまで見せています。

ただ被安打も四死球も多いのでチャンスは何度か作れるはず。

そこをしっかりとモノにしてほしいです。

 

6点取られたとはいえ現状は下位に沈んでいるチーム相手ですから、広島にこれ以上差を広げられないためにもしっかりカード勝ち越しを決めてほしいですね。

 

それでは今日はこのへんで。