空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

5/10 巨人3-2阪神 内海・阿部・上原の旧主軸の活躍で価値ある一勝!!

巨人3-2阪神



戦評

両先発共に今季一軍初のマウンドとなった試合は、3回裏に巨人が阿部の3ランで先制点を挙げる。

投げては先発・内海が6回途中2失点と粘投を見せると、宮國・上原・澤村・カミネロと繋いでリードを守り切った。

巨人は2連勝。阪神に対しては3カード連続で勝ち越し。2位に浮上した。



内海が今シーズン初勝利!!

 

今日はこの話題は外せないでしょう。

ようやく今季一軍初先発のマウンドに立った内海。

 

個人的には贔屓にしてる選手なので期待してたんですが、一般的な予想に反して?の好投でした。

 

久々のマウンドということもあってか疲労から5回からは球が高めに集まりだし、6回に2本のヒットを浴びたところで降板となりましたが、5回1/3を投げて被安打4、死球1、自責点2と上々の内容だったんじゃないでしょうか。

(ひいき目が入ってますかね?(笑))

 

次の登板が見られるかな?と思ったんですが、明日からの中日三連戦が終わるとしばらくは週5戦の日程になるので、しばらく出番はなしですかね…。

 

まぁ、ここでボコボコにされてたら次のチャンスが今季中にあるか微妙なところだっただけに、ひとまず勝ちがついて良かったです。



今シーズン2度目の4番スタメンの阿部、価値ある3ランHR。

 

相手先発の谷川を一巡目は打ちあぐねていた巨人打線でしたが、二巡目の坂本・吉川の連打でチャンスを作ります。

 

ここで今季二度目のスタメン・4番阿部が先制3ランHRをライトスタンドへ叩きこみました。

 

全盛期を思わせる、内角の難しい直球を上手く捌いてスタンドへ運びました。

 

プロ初登板の谷川に、プロの洗礼を浴びせるホームランになったと同時に、内海に勝ちを付ける決勝ホームランにもなりました。



本来の4番であるマギーが不振で苦しんでいることや、阪神打線も4番・ロサリオで打線が切れているという状況の中で、見事に4番の仕事を果たしてくれました!

 

さすが阿部!!

 

このまま打ちまくってくれ!!



上原が僅差のリードで久々に登板。

 

横浜と広島に打ち込まれて以来、久々に終盤の僅差でのリードの場面でマウンドに上がりました。

 

下位打線相手でしたがテンポよく三者凡退に切って取り、復調をアピール。

 

澤村・マシソン・カミネロと、現状は絶対的な投球を見せている方程式のリリーフがいないだけに、戦力として上原が勝ちパターンに帰ってきてくれると大きいんですが。

 

今日みたいに、比較的優しい場面で慣らしていけたらいいんじゃないでしょうか。



巨人ファン歴20年の私、今日のゲームに大満足。

 

基本巨人が勝てば嬉しいんですが。

 

内海、上原、阿部、亀井とひと世代前の主軸たちが活躍して勝った試合なので、彼らがバリバリ主力でプレーしてた頃を思い出すようで感無量。

 

ここに山口鉄也も入ってれば、僕は血を吹いたかもしれません。

 

連日出ているのは亀井だけになりましたが、長きにわたって各々が持ち場での役割に全力を尽くしてくれてるのは嬉しいことですね。



小林の打率、3割を切る。

 

今日4タコで、とうとう打率が3割を切り.289に。

 

誰もが(小林自身も?)予想していたことで驚きは少ないですが…。

 

彼が下位で打つことで得点力を上げていたので、打てなくなってくるとチーム全体の攻撃力に影響でますね。

 

選手個人としても、安パイ脱却は課題だっただけに、もう一踏ん張りして欲しいところ。

 

でないと、また大城に出番を取られちゃうぞ!

 

 

明日の展望

 

明日の予告先発は

巨人:菅野

中日:小笠原

 

小笠原は今シーズンここまで1勝2敗の防御率4.89。

ただ前回の阪神戦では6回自責点0と結果的には抑えています。

今シーズンここまで巨人戦での登板はありませんが、とはいえここまでの成績を見れば5回までに何点か取れる、という見立てになるでしょうね。

 

対する巨人は現在18イニング連続無失点中の菅野が登板。

開幕してから2試合は打ち込まれたものの、その後は右肩上がりに調子をあげてきているので、普段通りに投げられれば問題はないでしょうね。

 

前回の横浜戦でも8回無失点でしたが、チームは1点も取れずスコアレスドローと、エースの試合で勝ちを拾えませんでした。

 

今回は先発投手の顔合わせの時点で落とすわけにはいかない試合なので、序盤から確実に1点を取りに行って欲しいですね。

 

それでは今日はこのへんで。

 

以下、観戦記


【3回裏】阿部、内海を援護する先制3ラン!!

二死二三塁で今日マギーに代わって4番スタメンの阿部でしたが、内角直球を技術でライトスタンドへ運ぶHRで3点先制。

 

前回もスタメン時にはHRを放っています。

 

これは明日以降もスタメンあるでしょうね!



【5回表】内海、5回までを2安打1死球無失点の好投。

 

一死から西岡に安打を許すも、後続を断ち無失点。

 

久々の一軍マウンドになった内海ですが、5回までは2安打のみの好投。

 

得意球のシンカーではなく、ストレート系主体のピッチング。




【6回表】福留のタイムリーで2点を返される。3-2。

 

勝利投手の権利を得た後のマウンドでしたが、先頭の江越に2塁打、一死から糸井にレフト前を打たれ、一死一三塁のピンチを作ったところで降板となりました。

 

内海は5回1/3を投げ自責点2、被安打4、死球1の内容。

久々の一軍マウンドでしたが、上々の内容だったんではないでしょうか。

 

一死一三塁から代わった宮國でしたが、ロサリオを三振に仕留めるも福留にタイムリーを浴びて2点を返されます。

 

2-1と追い込んでいただけにもったいなかった……。

また、一塁ランナー糸井の盗塁で一塁が空いていただけに、次の糸原も含めた二人で一つのアウトを取りに行くピッチングで良かったんですけどね。



【7回表】上原が僅差の場面で久々に登板。

 

7番西岡から始まる下位打線との対戦でしたが、

西岡:フルカウントから遊フライ

原口:遊フライ

鳥谷:外角直球で見逃し三振

 

と完璧なリリーフを見せてくれました。

方程式に帰ってくるかな??



【7回裏】連続四球でチャンスを作るも、ゲレーロ三球三振…

 

二死から坂本・吉川と連続四球とコントロールを乱していたマテオに対し、二死一二塁のチャンスでゲレーロ。

 

せっかく自滅していたマテオに対し、ボール球の変化球を2つ空振りして2球で追い込まれると、最後も同じ変化球を空振り三振。

 

もう少しなぁ、アウトになるにしても頭使ってくれるとなぁ。



【8回表】昨日イニング跨ぎの澤村が今日も登板。

 

1番からの上位打線との対戦でしたが、1安打無失点の好リリーフ。

糸井には技ありのヒットを浴びましたが、ロサリオは全球ストレートで押してライトフライに打ち取りました。

 

今日は劇場お休み!!



【8回裏】岩崎のワイルドピッチで2点差に。

 

岡本のヒットと亀井の四球から二死一三塁のチャンスを作りバッター小林の場面。

2-1から低めのボールが暴投となり三塁ランナー岡本がホームイン。

 

大きな大きな追加点をもぎ取りました!



【9回表】カミネロが無難に締める。

 

一人内野安打でランナーをだすものの、後続を危なげなく打ち取ってゲームセット。

2点差になったので、福留を打ち取った時点である程度安心して見れましたね。