空飛ぶベッド

スーパーの店長の忘備録。

【書評】お金持ち生活のつくり方 って本に影響を受けたので感想を書いとく。

f:id:sio6269:20180504230625j:plain

どうもっ塩です。

 

みなさんはお金持ちになりたいですかぁ??

 

僕はなりたいです。

 

ってなわけでお金関係の本には目が行ってしまうんですが、kindle unlimitedというkindleの本読み放題サービスで「お金持ち生活のつくり方」って本を見つけたので読んでみました。

 

まぁこういうタイトルの本はだいたいタイトル負けする内容なんで期待はしてなかったんですが、一部影響を受けたというか、実生活に取り入れようと思った部分があったんで、忘備録がてら書いてみます。

 

 

本の紹介

 

先に言っとくと、この本を読んでもお金持ちにはなれないです。

まぁ、この手の本はどれもそうなんですけどね。

 

「お金持ち生活」っていうのはお金がたくさんある生活って意味じゃなく、お金持ちの人はこんな考え方で物事を判断してるんだよ(無駄なものは買わないとか、毎日パリッとした服装をしてるとか)みたいな意味です。

 

要はお金持ちと同じ考え方になりましょうってことですね。

 

タイトル詐欺みたいな印象を受けましたが、まぁ日本語として間違ってないです(笑)

 

もう一つ言うと、この本の言う「お金持ち」は、大金持ちではなく、小金持ちのことみたいです。

ある程度余裕のある生活ができるよ、みたいな。

 

文章は例を交えながらわかりやすく書かれてますので、チンプンカンプン(死語?)でまったく理解できない!とかにはならないです。



不必要な出費を抑え、投資に回す

お金持ちは、お金の参照点を固定している

 

この本に出てくるキーワードとして、お金の「参照点」というのが出てきます。

 

どういうことかというと。

ふつうの人は収入が増えたら生活レベルをあげ、それとともに出費も増えます。

 

たとえば、手取り20万で生活していた人が、手取り30万になったらさらに10万円の貯金ができるかというと、そうではないでしょう。

 

普通の人は、知らず知らずのうちにその差額10万円を生活レベルの向上に使うからです。

 

これを著者は「お金の参照点が上がる」という言い方で言い表しています。

なんとなく伝わりましたかね??

 

生活費の基準が20万円から30万円に上がった。

この基準が変わることを参照点が移動する、と言います。



でね、普通の人はさっきも書いた通り、収入が上がればこの「お金の参照点」も上がります。

 

僕も身に覚えがありますねぇ。

家族ができれば、僕以外の意思も入りますからね、余計にそうなりがちです。



ではお金持ちになる人はどうしてるかというと、収入が上がっても生活費20万円を維持します。参照点を固定する、ということです。

 

これで、例で言えば毎月10万円の余剰金ができるということです。

 

普通のひとはこれができないから、いつまでたっても「お金がない」という感覚に陥ります。

 

収入が増えても生活レベルを上げて支出が増えれば、残る額は変わりませんからね。

 

ホントはこの差額10万円を投資に回して、お金を働かせて副収入をつくろうというのがこの本の結論なんですが、今のところ株などの投資には個人的に消極的なので割愛。



お金持ちの家は広い?

 

この本の序章で「お金持ちの家は広い」という話しが出てきます。

 

もともとの広さという意味ではなく、物が少なく、物に占領されてるスペースの割合が少ないという意味です。

 

なんでか??

 

普通の人は、余剰のお金で「モノ」を買います。

「いや、俺は貯金するね!」

という人もいるでしょうが、貯金に回したとしても、それはいつかモノを買うためのお金なので本質的にはどちらも同じです。

 

では、お金持ちはどうするのかというと。

 

普通の人がモノを買う分のお金で「金融商品」を買います。株とか、投資信託とかですね。

これは今やほぼ電子取引で、実体はないそうです。

 

金融商品を買えば、上手くやればお金を増やせます。

お金を増やすために、実体のあるモノを買わず、実体のない金融商品を買っているから、お金持ちの家はモノが少ないく広く感じる、という話です。

 

で、僕の家ですよ。

こっちの記事にも書きましたが、 

siosio.hateblo.jp

 

モノで溢れかえってます。。。

 

なんかね、ちょっと恥ずかしくなったね。

 

無駄な在庫が多過ぎて、

(この本によれば、無駄なものが多い=それを買ったお金を投資に回せばそのぶん稼げた筈、ということで「機会損失を産む」とのこと)

そりゃ金持ちちゃうわなぁ!

って思っちゃいます。

 

お金持ちの人は欲しいものを迷わず買うイメージがあるんだけど、そうじゃなくてお金の参照点を越えるか越えないか、という明確な判断基準を持っていて、お金を生むものに回してるんですね。



お金持ちになるための最強ツールとは?

 

「お金持ちの振る舞いとはこうだ!」という内容が大勢を占めているこの本で、数少ない?現実的にお金持ちに向かうための方法が書いてある部分です。

 

さて、そのツールとは……



家計簿



です。



ハイ、ありきたり過ぎますね。

 

でもね、どれだけの人が毎日家計簿をつけられてるでしょうか??

毎日つけてるとして、毎月の収支をまとめている人は??

定期的に過去の振り返りをしている人は??

 

この本の著者は終始穏やかな口調で文章を書いてますが、この部分だけ

 

もし 、家計簿をつけていない人がおられるなら 、大変に失礼ながら 、私にはその人が人生とお金の問題を真剣に考えていないとしか思えません。

 

と手厳しい言い方。

 

ありきたりと言いながら、僕は家計簿すらつけてませんでした。

 

でもたしかに著者のおっしゃるとおりですよね。

心がちょっと痛いです。

 

お金持ちになりたいなぁとか思いながら、お金の流れをまったく把握してなかったんですよね。

 

なので僕はこれを読んだ日から家計簿をつけ始めました。

 

今までも何度か気まぐれに家計簿をつけてた事があったんですが、毎回挫折してたので、今回はノートではなくiPhoneのアプリで管理しようと思います。

 

ノートをいちいち開いたり閉じたりするのとか、買い物したその場で記録できなくて、後でまとめてしようとするから続かなかったんじゃないかと思って。

 

正直、これだけでもこの本を読んだ意味はあるかな…!!




その他の内容

 

この本は全体的に、

 

「お金持ちになる方法」

 

じゃなくて

 

「お金持ちの人はこういう振る舞いをするから、お金持ちになりたかったらまず格好から真似しよう」

 

みたいなことが書いてある本です。

方法というより、マインドが書いてある本ですね。

 

たとえば、

・何故お金持ちの家には神棚があるのか

・お金持ちは何をプレゼントする?

・何故お金持ちは人におごりたがる?

・何故お金持ちは毎日ジャケットを着る?

・お金持ちは仕事終わりに机の上を綺麗にする

 

とかね。

 

ね?

お金持ちになる方法が書いてあるとは思えないでしょ??

 

まぁ書いてあることはすごくためになる事だったりしますが、毎日ジャケットを着たって机を片付けたってお金持ちにはなれません。

 

著者的には「必要な要素」として書いてますが、さっき書いた「お金持ちは部屋が広い」とロジックは同じです。

 

最終的には「お金の参照点を固定して、浮いたお金を投資に回してお金を増やしましょう」という大筋があって、

「そのお金の参照点を固定するためや投資のマインドを醸成するためにお金持ちの振る舞いを取り入れよう」ということが言いたいんですね。

 

だからこの本を読んでもお金持ちにはなれません。

 

まぁこの手の本ってそんなのばっかりなんで、そこはまったく期待してなかったけど。

 

 

あと、肝心の投資の話は最後の章に出てきます。

 

こっちも具体的な方法というよりは、概要の説明というか、考え方の話ですね。

 

短期の売買を繰り返すんじゃなくて、長期的な視野で売り買いするとか、単一の銘柄ではなく、市場全体の浮沈を見て、安い時に買って高くなったら売る、とか。

 

著者の方法でお金持ちになろうとすればキモの話だと思うんですが、この本はあくまで「お金持ちの生活のつくり方」なので、投資の話はざっくりとしか書いてません。

 

まぁ投資の話をしようとしたら、それだけで本一冊とかになっちゃいますしね。




まとめ

 

と言うことで、投資はともかくとして、自分に取り入れられる部分を取り入れていきたいと思います。

 

お金の参照点の固定と、家計簿ですね。

 

お金の参照点は固定というよりか、まず最適化しないといけませんね。

僕の社内の立場上、これ以上収入を上げるのは難しいですからねぇ。(諦)

 

でも今までは昇給したぶん生活費も上がってるんで、まずはそこを見直ししようと思います。

 

そのためには家計簿も必要ですからね。

 

何とか続けられるように、自分がやりやすい方法を考えていきたいですね。

 

それでは今日はこのへんで。